【番外編】お金の豆知識

【家計簿公開】共働きの家計!財布が別だと喧嘩が絶えないので共通財布にしました

結婚して、一番初めに悩む問題、家計管理。お金は一生考えていかなければならない重要な要素の一つです。そのため夫婦喧嘩の要因の1つでもあります。

お金のことで喧嘩したくないですよね?

私達夫婦は財布を別々にしていたのですが、「前回は私が払ったから、今回はあなたが、、、いや、前回払ったのは俺だろ!」や、「月々の負担、私の方が多い気がするんだけど、、」等、一度相談したはずの支払に関して言い合いやストレスが絶えなかったため、家計がうまく回る方法を徹底的に調べました。

財布を別々にしている夫婦は必見です!

財布が別々だった私達の問題点

財布が別々だった私達の問題点は以下です。

  • 負担額が公平ではない(家事は忙しくない方がやるので、お金を多く負担する分、家事を多くやる等できない)
  • 「貯金しなければ」という意識はあるものの闇雲な節約方法で、お互いにただただ我慢を強いられてる(強いている)。我慢を許す時も許した側は不満を持っている。
  • 突然の出費もその場凌ぎ
  • 非効率で不透明な貯金
  • 子供が出来た時の配分も未定。どっちが何にいくら負担するか等の計画性が無く、イベントの度に喧嘩となる。

財布が別々の家庭に多いのは、自分で稼いだお金は自由に使いたく、夫婦間で家計に関する話し合いをあまりしない夫婦です。

口座をまとめるのが面倒、使えるお金を管理されたくない、自分の給料を伝えるのが嫌等の理由でお金に関する話し合いを避けています。

私達夫婦はお金に関する話し合いをしていたつもりですが、全然足りませんでした。結婚前の同居時代から財布を別々にしつつも、支払項目を分けやり繰りしてきたつもりでした。しかし、上記のような問題点が挙がってきたのです。

共働き夫婦がお金に関する話し合いをしない一番の原因は?

共働き夫婦がお金に関する話し合いをしない一番の原因は「少額なりともなんだかんだ貯金が出来てしまっていること」です。子供がいない夫婦であれば尚更です!

「なんだかんだ生活できている・貯金できている」ので、話し合ったり、口座をまとめたりと面倒なことはしません!(話合わなくともなんとかなっているので)

そんな夫婦は子供が出来たとき、今まで話し合いが十分ではありませんので、出産・子育てでパートナーが今まで通り働けなくなると、一気に使えるお金が減りとてつもないストレスや不安を感じます。

子供がいない今でさえストレスや喧嘩が絶えないのに、子供が出来た時のストレス・喧嘩・不安が今以上に多くなるのは容易に想像できることと思います。

そこで今のうちから財布管理に関するベストな方法を相談しておくことを強くおすすめします!!

オススメ!財布共通・先取り貯蓄型

結論から言うと、財布は一緒にしてしまうことが1番おすすめです!

喧嘩しないは、貯金はできるはで良いことばかりです!!

ケンカ度と貯蓄度の比較

以下は共働きでよく言われる家計管理の方法と、そのケンカ度・貯蓄度を表したものです。

★【財布共通・先取り貯蓄型】

  • ケンカ度:10%
  • 貯蓄度:90%

【財布共通・生活費の残金貯蓄型】

  • ケンカ度:10%
  • 貯蓄度:50%

【片方生活費負担・片方全額貯蓄型】

  • ケンカ度:50%
  • 貯蓄度:90%

【財布別々型】

  • ケンカ度:90%
  • 貯蓄度:10%

家計簿公開!財布共通・先取り貯蓄型の実際の収支について

財布共通・先取り貯蓄型になるために試算した毎月の家計の収支、貯蓄額は以下となります。こちらの収支については以下の記事を参考に作成しました。

貯金を始める前に1番大事なこと!家計の確認方法について解説!~1章-2~効率的に1000万円を貯めるために、初めにやるべきこと(収支の把握と貯金額の決め方)とその方法について紹介しています。貯金の第一歩である収支把握と貯金額の決め方がわからないと非効率な貯金となるため、1000万円貯めるためにまずはここから始めましょう。...

~財布共通・先取り貯蓄型~

貯金額:1年で最低250万円、1000万円の貯蓄は遅くとも4年後に達成

 

【年間収入:合計660万円+α】

▪️手取り給与:20万(夫)+20万(妻)=40万円

▪️手取りボーナス(夏冬):90万(夫)+90万(妻)=180万

▪️月々の残業代:+α

 

【年間支出:396万円】

・家賃:11.5万円

・食費:2.5万円

・光熱費:1.5万円

・通信費:1万円

・雑費(生活必需品:基礎化粧以外の高価化粧品除く):1万円

・保険:5万円

・小遣い(被服・理髪・昼飯・コンタクト含):8万円

-妻:5万円(被服・化粧品・奨学金の支払)

-夫:3万円

・結婚記念、誕生日、帰省代、冠婚葬祭代用:平均月に2.5万円

 

【年間貯蓄:264万円+α】

・貯金:8万円×12ヶ月=96万円

・ボーナス時:1人37.5万円×2回(夏冬)×2人=150万円

・将来のための子供貯金:1.5万円×12か月=18万円

・月々の残業代

財布共通・先取り貯蓄型のメリット

財布共通・先取り貯蓄型のメリットはもちろん喧嘩が減ることや貯金が貯まることですが、一番のメリットは、2人が目標を共有できることです!

私たちは貯金1000万円の目標を立てました。1000万円貯金のためには毎月いくら貯金が必要かを計算し、道筋が明確になりました。これによって、闇雲な節約はしなくなりストレスがとても減りました。

財布が別々の場合でも貯金は出来なくはないですが、財布が自己管理なため、一度貯蓄用口座に手を出してしまうと、もう定期的に貯めることはできなくなります。人間の意志は弱いので、意志が相当強い人でないと、成功しません。なんらかの理由をつけて引き落としてしまいます。

意志が強いのであればこんなことする必要無いのですが、、、2人で管理するのであれば、お互いがお互いを冷静に判断できるので絶対貯まります!

財布共通・先取り貯蓄型のデメリット

財布共通・先取り貯蓄型のデメリットとして、自分たちの遊ぶお金が少なくなるのでは?と思うかもしれませんが、将来を考えるにあたってはある程度の節制は絶対必要ですし、お小遣いの範囲を超えなければ、何に使ってもいいというのは、メリハリがつき、ストレスも溜まりにくくとても良いです。

むしろ目標を共有したことで前より仲良くなったくらいです!

また、お互いの給料を明かしていない夫婦は、給与額を明かすことが一番の壁だと思います。二人の将来に関わる大事なことなので、覚悟を決めて明かしましょう。無計画で妊娠してしまう等、手遅れになるくらいであれば、恥は捨てるべきです。

財布共通・先取り貯蓄型にするためにやったこと

財布共通・先取り貯蓄型にするためにやったことは以下です。

  • ネット銀行を使って共有口座を作る
  • 共有口座に各々の給与から自動引き落としされるよう設定する
  • 家族カードを作る(食費や日用品等、家族の費用専用)
  • 家計簿アプリをインストールし家族カードと連動⇒お互いが日用品にいくら使ったかタイムリーに把握できる
  • ボーナス月には手動でお互いが37.5万円を振り込む

具体的には以下の記事を参考に実践しています。

ずぼらな人でも貯金できるコツを4ステップで紹介!自動化できる口座を作れば貯金効率が格段に上がる~1章-4~ 貯金しよう!と思っても、いつの間にか使っていたり、収支の把握が曖昧で使途不明金が発生したりと、なかなか続かなかった経験はないでしょうか...
先取り貯金なら住信SBIネット銀行!自動入金・自動振込が無料貯金を始めるにあたり、必ずやっていただきたいのが先取り貯金ですが、他銀行宛の振込みですと、だいたいの銀行で振込手数料がかかってしまいます...

 

参考:子供ができた時の収支について

参考として、子供が出来た時の収支についても記載しておきます。パートナーが仕事やパートとして復帰するまでは、自分の収入でマイナスにならないように暮らすことを目標としています。

【年間収入:合計348万円+α】

▪️手取り20万

▪️手取りボーナス(夏冬):90万円

▪️児童手当:3歳まで月1.5万円、その後中学3年まで1万

▪️月々の残業代:+α

※産休、育休中の手当ては変動が激しく充てにできないため、プラスの分は全て貯金することとしてます

 

【年間支出:合計336万円】

・家賃:11.5万円

・食費:2.5万円

・光熱費:1.5万円

・通信費:1万円

・雑費(生活必需品):1.5万円

・保険:5万円

・子供学資保険:1万円

・小遣い(被服・理髪・昼飯・コンタクト含):4万円

-妻:2万円(被服・化粧品・奨学金の支払)

-夫:2万円

・結婚記念、誕生日、帰省代、冠婚葬祭代用:平均月に1万円(+残業代)

まとめ

他にも片方生活費負担・片方全額貯蓄型も考えたのですが、こちらも貯金はできるものの、負担額の偏りが生じストレスが溜まってしまう、仕事のやる気低下等、デメリットもあります。

何が自分たちに合うかは、働き方や給与額、お互いの性格にもよると思いますが、財布共通・先取り貯蓄型は貯蓄できる万能な方法です!貯金も計画的にでき、夫婦二人が同じ方向を向いて将来を考えることもできますので、一度腰を据えて、じーっくりと二人の将来について話し合ってみてはいかがでしょうか?喧嘩も減るどころか、生活にメリハリが生まれ仲良くなること間違いなしです!