【2章 実践編】節約

【徹底解説】楽天ガス申し込みの5つのメリットと3つのデメリットとは?利用すべき人は○○な人!

楽天ガスについてこんなことで悩んでいませんか。

  • 最近楽天ガスというものが始まったらしいが実際どうなの?
  • ガス料金は?品質は?
  • メリット・デメリットが知りたい
  • どんな人が利用すべきなの?

本記事を読むことで、このようなお悩みを解決します。

具体的には以下が分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

結論:生活費を0円にしたいなら利用すべき!

楽天ガスを利用する最大のメリットは楽天ポイントが使えることです。

このメリットを最大限活用することで、ガス代の現金支出を0円にすることが可能になります。

このメリットはガスだけでなく、楽天の電気・スマホも活用できるので、生活費にかかる費用(ガス・電気・スマホ料金)の現金支出を0円にすることができるのです。

画像元:楽天エナジーホームページ

さすがにガス代を含めた生活費を0円にするには生活基盤を楽天サービスでまとめる必要があります(楽天経済圏への移住とも言います)が、楽天経済圏へ移住せずとも楽天ポイント(期間限定ポイント含む)の消費先としてとても有用ですので、詳細を解説していきます。

※ガス代の現金支出を0円にする方法は記事後半で紹介しています。

他にも細かなメリットがありますが、楽天ガスに変える最大の理由は楽天ポイントの消費だということが本記事で1番伝えたい内容となります。

楽天ガスとは

楽天ガスについて簡潔にまとめておきます。

【楽天ガスとは】

  • 2020年10月26日より申し込みが始まった楽天の新サービス
  • 都市ガス(東京ガス、東邦ガス、関電ガス)と楽天が提携することで実現
  • 契約先を都市ガスから楽天に変えるのみで、今までのガス供給体制に変更はない
  • 楽天でんきも併せて利用することが条件
画像元:楽天エナジーホームページ

楽天ガスに申し込むことで様々なメリットがありますので、次項より解説していきます。

またデメリットもありますので、加入する際はデメリットも十分検討した上での申し込みをお願い致します。

楽天ガスのメリット

冒頭で楽天ガスの最大のメリットを紹介しましたが、楽天ポイントの消費以外にもメリットはありますので、楽天ガスに加入するメリットを列記します。

それぞれのメリットについて解説していきます。

楽天ポイントが貯まる

楽天ポイントが貯まります。これまで楽天でんきを使用していた人はさらに貯まりやすくなりました。

楽天でんき単体と比べポイント取得率が2倍になっています。

さらに楽天カードで支払えば上記にプラスしてポイントが貯まります。

年間使用料金が電気10万円、ガス5万円であった場合、楽天ポイントは2000ポイント(電気500ポイント、ガスはなし、楽天カード払い1500ポイント)しか貯まりませんでしたが

楽天ガスを利用することで3000ポイント(電気1000ポイント、ガス500ポイント、楽天カード払い1500ポイント)になります。

楽天ポイントで支払いできる

冒頭でも紹介した楽天ポイントでガス代の支払いができます。

しかも期間限定ポイントから消費してくれます。

期間限定ポイントは1~2か月で消えてしまいますので、以下の方の悩みは解決します。

  • 知らない間にポイントが消滅していた方(その心当たりがある方)
  • 数百ポイントがもったいないからと余計に商品を購入して、むしろ支出が増えていた方

これからは無駄なくポイントを消費できますので、消えていたポイントがもったいないと思っていた方はストレスない生活が送れるようになります。

サービス加入時にも楽天ポイントがもらえる

楽天ガスは2021年2月22日までキャンペーンを行っており、楽天でんき利用中の方が楽天ガスに申し込むと3,000円分の楽天ポイントが、

今使っている電気会社が楽天で無い方は、楽天でんき+楽天ガスの申し込みで合計6,000円分の楽天ポイントが付与されます。

楽天のでんき

これだけでもポイント付与月はガス代の現金支出を0円に限りなく近づけると思います。

このキャンペーンだけでもありがたいのですが、さらにお得に申し込む方法があります。

詳細は以下にまとめていますのでご興味のある方はご確認ください。

【楽天ガス+電気】ポイントサイト経由ならどこがお得?申し込み時の注意点まで徹底解説 2020年10月26日より申し込みが始まった楽天ガスについてこんなことで悩んでいませんか。 楽天ガスに申し込みしたいが、お得に...

乗換に伴う負担がとても少ない

画像元:楽天エナジーホームページ

スマホや家のWi-Fiの乗り換えなどでもそうですが、これまで契約していたプランの解約手続きや新しいプランへの契約手続きって面倒なイメージがありませんか。

上記画像のように、楽天ガスへの乗り換えはとても簡単で私も申し込みを行い、15分くらいで終わりました。

【負担が少ない】

  • 新しい設備工事は不要
  • 今のガス会社への解約届も不要
  • 楽天ガスにネット申し込みをするだけ
  • 切替費用も不要(※)

(※)楽天エナジーホームページの注釈には「現在ご使用のガス会社・プランによっては解約手数料が掛かる場合がございますので、現在のご契約内容をご確認ください。」と書いてありました。

しかし、今回切り替え対象となっている都市ガス(東京ガス、東邦ガス、関電ガス)のホームページを見て確認しましたが、どこも解約手数料、違約金はかかりませんでした。気になる方はご自身の契約内容を確認の上お手続きください。

利用開始には1~3ヶ月程かかってしまうのですが、その間も特にやることはありません。

楽天ガスから利用開始メールが届きますので、それまで待機です。

ガスの供給体制・品質に影響がない(都市ガス利用時のまま)

楽天ガスの切り替えに伴うガス供給体制・品質に影響はありません。

というのも下記図のように都市ガスから楽天ガスに契約先を変えるだけで、ガス供給体制に変更はないため安心して利用できます。

画像元:楽天エナジーホームページ

以上が楽天ガスに切り替えるメリットとなります。

生活費の現金支出を0円にする方法

冒頭でも簡単に紹介しましたが、上記メリットの「楽天ポイントで支払いできる」を利用し、ガス代の現金支出を0円にすることができますので、その方法を紹介しておきます。

ガス代の現金支出を0円にする方法は、生活基盤を楽天サービスでまとめる(楽天経済圏へ移住する)ことです。

この方法を極めれば、ガス代だけでなく電気代・スマホ代・日用品の買い出し(楽天市場利用)等の支払いも現金支出無しで賄えるようになります。

楽天経済圏への入門方法は以下にまとめていますのでご確認ください。

【節約には必須】楽天経済圏まとめ!移住のメリット、始め方、最強の活用法、注意点を徹底解説! 楽天経済圏についてこんなことで悩んでいませんか。 楽天経済圏が人気らしいが何が良いのかよくわからないお得な利用方法が知りたいゼ...

楽天ガスのデメリット

大変魅力的な楽天ガスですが、楽天ガスのデメリットもあります。

利用できる対象者が限られている

1つ目のデメリットは楽天ガスを利用できる対象者が限られてしまっていることです。

楽天ガスは対象エリアが限られており、対象地域に住んでいないと利用することができません。

【対象エリア】

  • 関東エリア(東京ガス)
  • 中部エリア(東邦ガス)
  • 関西エリア(関電ガス)

北海道や東北、九州、四国等の対象エリア外にお住まいの方は現時点では利用することができません。

以下のブルーのエリアが対象です。詳細な市区町村は楽天エナジーのホームページよりご確認ください。

画像元:楽天エナジーホームページ
画像元:楽天エナジーホームページ
画像元:楽天エナジーホームページ

また、対象エリアでもプロパンガスを利用していた方も対象ではありません。

前述した通り、楽天ガスは都市ガス会社(東京ガス、東邦ガス、関電ガス)と契約を結ぶことによって楽天からの提供が実現しているため、現状プロパンガス利用の方は対象外となってしまいます。

これまでのガス料金から若干変動する可能性がある

基本的には、現在お住まいの地域のガス会社と同等の料金体系(※)プランが用意されていますので、高くなったり安くなったりはしないのですが、完全に同額というわけではございません。

(※)同等の料金体系とは、2020/10/1時点での各ガス会社のプランと比較し、料金単価が同一であることを意味します。

若干の変動はあるようなので、心配な方はシミュレーションで試算してから申し込むことをおすすめします。

楽天エナジーのホームページの楽天ガスタブの中に「料金シミュレーション」がございますので、そちらからご確認ください。

楽天でんきと合わせて利用する必要がある

楽天でんき未加入の方のデメリットとなりますが、楽天ガスは楽天ガス単体での利用はできず、楽天でんきの加入が必須条件となります。

そのため、楽天でんき加入に伴うデメリットが発生してしまいます。

楽天でんき加入に伴うデメリットは主に2つです。

  • 電気代が増加する可能性がある(特に単身者の場合)
  • 電気会社によっては解約料金がかかる

電気代が増加する可能性がある

ガス代は大きな変動はありませんでしたが、電気代は年間にすると結構変わってきます。

特に単身者の場合は値上がりすることが多いようなのでしっかり確認を行いましょう。

次項のデメリットの対策でも紹介していますが月々の電気・ガス代、解約料、キャッシュバック額等を考慮し、しっかりシミュレーションを行った上で申し込みを行えれば損してしまうこともありません。

電気会社によっては解約料金がかかる

電力会社の解約は手数料がかかる場合があります。

ソフトバンク電気では500円の解約手数料がかかります。

他の電力会社も基本解約金なしか、そこまで大きな金額で無いことが多いです。

楽天ガス・でんきのキャッシュバック金額や月々の負担額の差を確認し乗り換えを検討しましょう。

デメリットの対策

これらデメリットの対策として、やはりシミュレーションを行うことが大事です。

楽天でんき・ガスのメリットはやはり楽天ポイントが貯められることなのですが、そもそも月々の料金が楽天より安い会社もあるので「楽天ポイントのために!」と盲目にならず、しっかりと比較を行いましょう。

今は無料の比較サイトがありますので、比較サイトを利用します。

比較サイトに世帯人数や現在の電力会社及びそのプランを入力(検針票やネットに書いてあります)するだけで、自動でガス代・電気代のシミュレーションを行ってくれます。

なかでもお勧めはキャッシュバック特典があるエネチェンジ」という比較サイトです。

直近の電気代・ガス代の明細書があれば、電気代・ガス代をまとめて比較でき、安い順に表示してくれます。

1万円以上のキャッシュバックも多く取り揃えているので、私もとても重宝しています。

エネチェンジで比較するならこちら

楽天ガス利用がおすすめな人

これまでのメリット・デメリットを踏まえまして、楽天ガスを利用した方が良い方は以下となります。

このような方々は楽天ガスに申し込むことで、お得に生活インフラを整えることができます。

1度設定してしまえば、普段の生活を変えずにできる節約ですので、前向きな検討をおすすめします。

楽天ガスの申し込みはこちら

【簡単】楽天ガスの申し込み方法解説!注意点、用意するもの、解約手数料など気になるQ&Aも解説 楽天ガスの申し込み方法についてこんなことで悩んでいませんか。 手続きが面倒くさそう何を用意したらいいの?ガス代は高くならない?...

まとめ

本記事では楽天ガスのメリット・デメリットについて解説しました。

上手く活用し、生活圏を楽天サービスでまとめれば生活インフラの支出を0円に抑えることが可能となります。

将来のためにできることを考え、少しでも早く行動することが未来の自分、未来の家族を守ることになります。

お得なこと・良いなと思ったことをすぐに実践できれば人生の自由度が高まります。損しない・苦労しない人生に近づきます。
すぐ行動できる人が人生の勝ち組です。

楽天ガスの申し込みはこちら