稼ぐ/副業

月の貯金はいくらすればいい?賢い貯金方法と理想の家計簿を紹介

月々の貯金っていくらすればいいのでしょうか?目標とする貯金額と期間を決めて、ひたすら節約するのでしょうか?

その方法も良いと思いますが、無理な金額・期間の設定ですと日々の生活が苦しくなってしまいます。

そこで、貯金額の決め方や理想的な家計簿について紹介していきます。

貯金していくのに最初に始めるべき2つのこと

貯金を始めるのに、1番最初にやるべきことは以下の2つです。

  1. 収支の状況を把握する
  2. 「貯蓄額:生活費=2:8」となるよう調整し、先取り貯蓄を行う。

これをやれば確実に貯金ができます。ズボラな人でも1度設定してしまえば、自動で貯まるので、三日坊主な方は特に必見です。

それではその具体的な方法を紹介します。

①貯金の第一歩は家計の収支を把握すること

貯金を始めるとき、1番最初にやるべきことのひとつ現在の収入と支出がいくらか把握すること』はとても重要です!

貯金できている人とできていない人との差は、収支把握ができているかできていないかと置き換えてもいいくらい重要です!

収支の把握を行う意味

この収支の把握を行うことで、以下のようなメリットがあります。

  • 毎月の貯金額(の最大値)を決めることが可能
  • 節約できるものがわかる
  • 収支が明確化し効率上昇
  • 貯蓄に対する意識の向上

とはいえ、最近ではクレジットカードやスマホを使っての支払いが多くなり、収支の状況を把握することが難しくなってます。難しくというよりは面倒くさくなっていると言うべきでしょうか。。。

レシートをとっておいて、家計簿をつけるのは大変です。レシートを1か月間箱に保管しておき、計算するだけ(写真を撮るだけ)、、、みたいなのもありますが、それすら面倒です。

収支の把握はある程度おおまかでも問題無いので比較的簡単な方法で収支を把握します。

収支の把握方法は?

収支の把握方法としては以下が考えられます。

  1. 家計簿をノートやエクセルにつける→×(続かない)
  2. アプリを使う→△(最近は銀行口座と連携していて、収支の管理ができそう。ただアプリの設定が大変)
  3. 固定費・光熱費のみ確認→○(給料とクレジット明細あるいは口座を確認するのみ)

③の方法はざっくりとですが、何にいくら使っているかを把握するのがとても簡単です。生活費の内訳・収支の状況が把握できたら次に行きます。

②月いくら貯金する?貯金額の決め方について

次に貯金額の決め方についてです。

貯金って月にいくらすれば良いのでしょうか?

1万?3万?5万?10万?

目標の貯金額と期日から算出する方法もありますが、無理な金額設定は生活に影響を与えかねません。収入に応じた金額から貯金額を決める必要があります。

収入に応じた理想の金額は「貯蓄額:生活費=2:8」です。以下に生活費の内訳(理想)を示しておりますが、貯蓄額の「2」は死守してください。そうすれば少なくとも5年で年収分が貯金できます。

理想的な家計簿

上記を踏まえた上で、理想的な家計簿について「一人暮らし」「夫婦二人のみ」「夫婦二人と子供がいる場合」に分けて紹介します。わかりやすいように金額を示していますが、%表示しているので、自分たちの給料に当てはめてみてください。

一人暮らしの場合

生活費の内訳 %表示(手取り20万円の場合)

  • 貯蓄:20%(4万円)
  • 家賃:20%~30%(4万円~6万円)
  • 食費:10%~15%(2万円~3万円)
  • 光熱費:5%(1万円)
  • 通信費:6%(1.2万円)
  • 雑費(生活必需品):3%(0.6万円)
  • 保険:4%(0.8万円)
  • 被服・美容代:4%(0.8万円)
  • 小遣い・自己投資:18%(3.6万円)

夫婦二人の場合

生活費の内訳 %表示(手取り30万円の場合)

  • 貯蓄:20%(6万円)
  • 家賃:20%~30%(6万円~9万円)
  • 食費:10%~15%(3万円~4.5万円)
  • 光熱費:5%(1.5万円)
  • 通信費:6%(1.8万円)
  • 雑費(生活必需品):3%(0.9万円)
  • 保険:4%(1.2万円)
  • 被服・美容代:4%(1.2万円)
  • 小遣い・自己投資:18%(5.4万円)

夫婦二人と子供がいる場合

生活費の内訳 %表示(手取り30万円の場合)

  • 貯蓄:20%(6万円)
  • 家賃:20%~30%(6万円~9万円)
  • 食費:10%~15%(3万円~4.5万円)
  • 光熱費:6%(1.8万円)
  • 通信費:5%(1.5万円)
  • 雑費(生活必需品):4%(1.2万円)
  • 保険:6%(1.8万円)
  • 被服・美容代:4%(1.2万円)
  • 教育費:10%(3万円)
  • 小遣い・自己投資:8%(2.4万円)

 

以上が「貯蓄額:生活費=2:8」に当てはめた場合の理想の内訳は以下となりますが、あくまで理想です。人によっては、駅近が良く家賃が高い、譲れない趣味がある、必要な自己投資等々の事情があると思います。生活費内の調整は可能ですので、削れる費用と出すべき費用のバランスを考えて調整してください。調整する際、貯蓄額の2割には絶対に手を出さないでください。

手を出さないと心に決めても、人間の意志は弱くなかなか守れません。そのため、先取り貯蓄が重要になってきます!

先取り貯金なら住信SBIネット銀行!自動入金・自動振込が無料貯金を始めるにあたり、必ずやっていただきたいのが先取り貯金ですが、他銀行宛の振込みですと、だいたいの銀行で振込手数料がかかってしまいます...

まとめ

効率的な貯金を始めようと思ったらまずは以下から始めてください。

  1. 収支の状況を把握する
  2. 「貯蓄額:生活費=2:8」となるよう調整し、先取り貯蓄を行う。

収支の把握ができ、節約できる項目が分かった場合は、貯蓄の2割にさらに上乗せして、がんがん貯金していきましょう!!

無駄遣いをやめれば年24万は節約できる!無駄遣い例とその対処法お金持ちは無駄遣いを好みません。納得できることに大金をかけ、無駄だと思ったことには一切お金を使いません。無駄遣いを無くすと色々なメリット...

これができたら次は以下がおすすめです!

ズボラにおすすめ!お金が貯まる仕組みを作る4ステップ人間の意志は弱いです。お金があれば使ってしまいます。 せっかく「貯金しよう!」と思っても、貯金はコツコツしていくものなので、すぐに...