不労所得のために/長期資産運用

つみたてNISAのメリット,デメリットは?シミュレーション結果も紹介

車の買い替えや家のリフォーム、老後資金や子供の将来のためにまとまった額の貯金をしたいという方も多いと思います。また、この金利が低い時代に、ただただ銀行の預金口座にお金を預けており、頭ではもったいないと分かっていても何をやるべきか分からない人も多いのではないでしょうか。

将来に向けて無理なくコツコツと投資ができる「つみたてNISA」をご検討されてはいかがでしょうか。

つみたてNISA(積立NISA)とは?メリット・デメリットを紹介

つみたてNISAとは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度のことです。

最大のメリットは、投資によって得られた利益に対しては通常約20%の税金がかかりますが、これが0%になります。投資信託を運用して10万円の利益が出たとしても手元に残るのは8万円ですが、つみたてNISAなら本来の課税分ももらえるのです。

投資信託とは、金融機関が投資家からお金を少しずつ集めて投資のプロが株式や債券の分散を行い運用してくれる金融商品です。

つみたてNISAのメリット

非課税期間が長い(20年)

非課税期間は最長20年間ですが、非課税(つみたてNISA)口座の開設が可能な期間は2018年から2037年までの20年間です。最後の2037年の投資分の非課税期間は2056年までとなります。

つみたてNISAの毎年の上限額が40万円までとなりますので、毎年40万円ずつ20年間投資を行うことをおすすめします。

ゆうちょ銀行ホームページより)

金融庁が認めた金融商品のみが対象なので初心者が始めやすい

つみたてNISAで取り扱うことができる金融商品ですが、金融庁が投資信託等に満たすべき要件をもうけて、厳しく絞りこんでいます。国民の資産形成にプラスにならない投資商品は「排除」し、金融機関に対して「資産運用の担い手としての責任」を果たせる商品でないと認めないと、登録商品に大きく踏み込んでいる点が特徴です。

なのでリスクが少なく、初心者も安心して始めることができます。

以下のような商品は対象外となっております。

  • 信託期間が短い
  • 毎月分配金が支払われる
  • 商品設計が複雑
  • 手数料が高い

購入時手数料無料

ノーロードとも言ったりします。つみたてNISAの対象となる投資信託は、すべて長期分散投資に適した購入時手数料無料の商品です。このおかげで「毎月積み立て」だけでなく「毎日積み立て」も選べるので、リスクヘッジの一環として魅力的です。

いつでも引き出しが可能

このメリットは特に若い世代に有益なのですが、「つみたてNISA」ならそれまでに積み立てて運用したお金を払い出すことができます。不慮なトラブル等でまとまったお金が必要になった時に安心です。特に制限なく引き出すことが可能です。

(画像:金融庁ホームページPDFより)

※個人型確定拠出年金であるiDeCoでは定年まで引き落としすることができませんので、この点ではつみたてNISAの方が圧倒的に優良です。

少額(最低100円)からスタート可能

証券会社にもよりますが、投資信託の最低購入金額が「100円」のため、少額から始めることができるのもありがたいです。始めは少額で様子を見て、慣れてきて仕組みが理解できたり、家計に余裕ができたりしたら増額する等、色々な方に合わせた対応が可能です。無理せずまとまった資産を作るのに活用できます。

(SBI証券ホームページより)

ほとんどほったらかしでOK

これはつみたてNISAに限った話ではありませんが、1度設定してしまえばあとは自動購入のため、ほとんどやることはありません。複数の投資信託を組み合わせた人は、年に1回を目安にリバランスを行った方が良いと思いますが、バランス型の商品を選んでしまえば20年間放置でも影響はかなり少ないです。

いつでもやめられる

積立NISAは毎月一定額を積み立てていくものですが、途中で積立額を変更することもできますし、積み立てを休止することもできます。また、口座からお金を引き出すこともいつでもできます。

つみたてNISAのデメリット

とても魅力的なつみたてNISAですがデメリットもあります。

購入日が決まっている

そもそも投資は安い時に買って高く売ることが原則です。ですが、つみたてNISAは安かろうが高かろうが毎月または毎日決まった日に投資商品を買います。なので、合理的ではありませんが、それでも世界の経済はずっと成長傾向にあるので、一時的な目減りがあっても最終的に資産は増えていくことが多いです。

合理的に買うのであれば株や投資の勉強は1日何時間もする必要があります。正直、そんな気にはなれないですし、合理的にやりたい人でもローリスクローリターン商品としてつみたてNISAをハイリスクハイリターン商品として個別で投資を行うことがリスク分散となるでしょう。

投資商品である以上、目減りする可能性がある

国が認めている商品のため、大幅な目減りはほとんどありませんが、減る可能性があることも念頭に入れる必要があります。先ほども少し触れましたが、世界の経済はずっと成長傾向にあるので、一時的な目減りがあっても最終的に資産は増えていくことが多いです。

損益通算できない

これは複数の証券口座を利用し投資している人のみですが、通常それぞれの証券口座の利益と損失を合算して、税負担を軽くすることができます。しかし、つみたてNISA口座では損益通算ができないため、つみたてNISA口座を含む複数の口座で並行して投資を行いたい方にとっては、デメリットとなります。

つみたてNISAでいくら貯まるの?シミュレーションで解説

つみたてNISAでいくら貯まるのか、三井住友銀行の「iDeCo・つみたてNISAシミュレーション」で試算してみました。

①月1万円の運用、利率3%でのシミュレーション結果

月1万円を20年間積立した結果

  • 元本の合計:2,400,000円
  • 運用結果:3,276,605円
  • 運用益(非課税):876,605円
  • 税効果の合計:178,082円

②つみたてNISA最大額の年間40万円(月3万3,333円)、利率3%でのシミュレーション結果

年間40万円を20年間積立した結果

  • 元本の合計:8,000,000円
  • 運用結果:10,922,018円
  • 運用益(非課税):2,922,01
  • 税効果の合計:593,608円

ただの貯金では800万円ですがつみたてNISAでは1100万円近く貯まります。その差は300万円。さらにつみたてNISAでなければ60万円近く税金としてもっていかれると考えると、投資信託での運用を行うのであればつみたてNISA一択ですね。

利率を3%で計算した理由

上記のシミュレーションでは利率を3%で計算しておりますが、過去の利率や経済成長率、その他の要因等を予測すると、だいたい日本株では年2%、先進国株では年3.5%、世界全体株では年5%の利率が見込めます。

なので今回は少し堅実に利率3%で試算しました。

もちろん投資なので必ずではありませんが、世界の経済がずっと成長しているため、一時的な目減りはあっても長期的には増える可能性が大きいと言えます。

つみたてNISA(積立NISA)がおすすめな人とは?

メリット・デメリットのまとめにもなりますが、以下の人はつみたてNISAに向いていると言えます。

  • ただなんとなく銀行口座に預金してる人
  • 中長期的にまとまったお金がほしい人
  • 投資をしたことがない人
  • ハイリスクハイリターンが苦手な人
  • ズボラな人

逆に、自分で考えてがんがん投資していきたい人には物足りないと思います。

少しでも興味を持たれた方、私が購入している商品を以下に紹介しておりますので、参考までに見てみてください。

【つみたてNISA】初心者におすすめ!eMAXIS slim 米国株式(S&P500)の魅力つみたてNISAの商品を金融庁が絞ってくれているとはいえ商品数が多く、どの投資信託にするか迷っていましたが、eMAXIS slim 米国...