不労所得のために/長期資産運用

【つみたてNISA】初心者におすすめ!eMAXIS slim 米国株式(S&P500)の魅力

つみたてNISAの商品を金融庁が絞ってくれているとはいえ商品数が多く、どの投資信託にするか迷っていましたが、eMAXIS slim 米国株式(S&P500)に決めましたので、決めた経緯やeMAXIS slim 米国株式(S&P500)のメリットについて紹介しようと思います。

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)とは?

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)はS&P500指数を構成する米国株式に投資している投資信託です。簡単に言うと、アメリカの有名な会社500社の株をちょっとずつ詰め合わせた投資信託で低コストで運用できるのが特徴です。

【もう少し詳しく】eMAXIS slim 米国株式(S&P500)を分解して解説します。

  • eMAXIS slim:三菱UFJ国際投信が業界最低水準の運用コストを将来にわたってめざし続けているファンドシリーズ。
  • 米国株式(S&P500):S&P500は米国投資情報会社「スタンダード・アンド・プアーズ社(S&P)」が算出しているアメリカの株式市場の動向を表す代表的な株価指数(インデックス)です。

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)を選んだ理由

eMAXIS slim 米国株式(S&P500)を選んだ理由は以下の3点です。

  1. アメリカへの投資は無難
  2. 信託報酬が圧倒的に低い
  3. 成功の近道は成功者のマネをすること

それぞれの詳細について紹介します。

アメリカへの投資は無難

アメリカの経済は数十年、数百年単位でずーっと成長し続けてきました。各国を牽引しているアメリカは世界で唯一今後も人口が増加すると予測されており、まだまだ成長していくと言われています。ただでさえ不景気な日本の会社、さらに人口がどんどん減少し経済成長が見込めない日本に投資するよりは、将来的に得られるリターンが大きいことは予想がつきます。

(画像:世界経済のネタ帳

そしてS&P500を構成している銘柄は、アメリカ株式市場の時価総額の8割近くを占めており、S&P500への投資はアメリカ経済への投資と言っても過言ではありません。

 

また、株の不安な点は投資している会社が潰れたら、ただの紙切れになってしまうことだと思います。100万円が一気に0円になってしまっては立ち直れません。

しかしeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)では、「投資を行った会社が倒産してゼロ円になったらどうしよう」といった不安を感じる必要はありません。

なぜなら、S&P500を構成する500社がすべて同時に倒産するような状況にまずならないです。仮に続々と倒産してしまったとしたら、その時私たちは株を持っていようが持っていまいが、まともに社会生活を送れていないです。

以下はS&P500を構成する500社の抜粋です。

銘柄 業種
アップル テクノロジー
マイクロソフト テクノロジー
エクソン・モービル エネルギー
アマゾン 消費者サービス
ジョンソン&ジョンソン ヘルスケア
バークシャー・ハサウェイ 金融
JPモルガン・チェース 金融
Facebook 情報技術

様々な業種の名だたる企業が連なっており、これらの会社が一斉に倒産する場合、まともな生活が送れないことがわかると思います。

ただ、世界的な不況が続き、株価が大幅に下がる可能性はあります。それでもS&P500の投資家が「無一文」になることはあり得ません。

S&P500では1974年、2002年、2008年に20%を超える大幅な下落を示したことがありましたが、それでも100万円が70か80万円になる程度で、ダメージはありますが立ち直れない程ではありません。

むしろ、S&P500のこれまでの成績を見てみると下落した年がとても少なく、S&P500への投資は平均年利が9.7%ととても高いです。

信託報酬が圧倒的に低い

つみたてNISA対象のS&P500を取り扱っている商品の信託報酬を比べてみました。

※信託報酬とは投資信託を管理・運用してもらうための経費として、投資家が支払い続ける費用のことです。

商品 運営会社 信託報酬(%)
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際投信 0.1728
iFree S&P500インデックス 大和証券 0.243
iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド BlackRock 0.405

2018年7月より登場したeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が一番低いですね。この信託報酬の低さから「iFree S&P500インデックス」、「iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド」から乗り換えてくる人たちが殺到し、とんでもないスピードでeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の資産が増えていってます。

そもそも信託報酬の差はどの程度影響されるのでしょうか。

(画像:三菱UFJ国際投信)

上記は1例ですが、仮に月1万円を年5%の利率で20年間運用した場合、0.5%の差で約20万円程の差があります。投資した額が大きければ大きい程、損していきます。

成功の近道は成功者のマネをすること

この言葉、社会に出た時に痛切に感じました。

何事もそうですが、なにかを成し得る時、1番の近道は成功者のマネをすることです。もちろん、最初の成功者の方が成功時の利益が多いですが、その分辿り着くまでに大幅な時間と出費があったと思います。

少ない労力と少ない時間で少ない利益。良いと思います。少ない労力と時間の分、これを何個も積み重ねればいいのですから。

投資の世界には投資の神様と呼ばれたウォーレン・バフェット氏という人がいます。バフェット氏は一代で5兆円を築いたとされる投資家です。

バフェット氏が自分の死後に備えて、妻に「資金の90%をS&P500に投資せよ」という言葉を残しております。

死後1番心配となる身内に対し、こんなことを言うとは、、、これは誰でも安全な投資ができると置き換えても差し支えないでしょう。

何事も丸ごと鵜呑みにするのも良くはありませんが、先に挙げた2つの理由を後押しするには十分すぎる程の成功者です。

まとめ

以上が私がeMAXIS slim 米国株式(S&P500)を選んだ理由です。

リスクは嫌いだけど、普通よりは多く稼ぎたいという方、ただただ銀行に貯金を預けているだけの方にはぜひ参考にしていただきたいです。

今後は1年後、3年後、5年後と、どのくらい増えていったのかも報告していくつもりです。